1日の流れ


時間 やる事

内容

6:00 起床

起床は6:30

声出し係の「起床です」という叫びでたたき起こされます。

なかなか起きない人の布団は容赦なくはぎとられます。

 

 フィッティング

 起床後、すぐ降りて下艇庫へ。体操を済ませてフィッティングを始めます。

艇をすぐ出せるように、マストを立てたりセールをセットしたりします。

7:30

 朝エッセン

(朝食) 

 阪大ヨット部では食事のことを「エッセン」(ドイツ語)という伝統です。

朝だけは1回生が数人のチームで作ります。やたらと凝る派、質より量派、卵焼き甘い派・辛い派など、個性が出ます。

8:30

ミーティング

 毎回、出艇前後にはミーティングをします。

その日のコンディションや、クラス・艇ごとの目標反省などを共有します。

9:30

出艇

フィッティングしてスロープ近くに止めておいた阪大の艇が一気に出艇します。

ここで速やかに、時間を合わせて出ることがその後の練習効率を上げる鍵になります。

 

練習

救助艇KABUTO・摩耶の2艇が見守るなか、指揮艇の指示に従って練習を行います。

12:00

着艇

 
12:30

昼エッセン

(昼食)

昼夜はマネージャーが作ってくれる美味しいエッセンをいただきます。

朝と違って安定して美味しいです。

13:10

ミーティング

 
13:30

出艇

 
 

練習

 
17:00

着艇

シャワー

解装

整備

午後の着艇後は、男女で時間を分けてシャワーに入りつつ、シャワー待ちの部員で艤装外し(マストを下ろす、艇を洗う等)と整備(セールが破けていないか、艇やマストに不備はないか確認)をします。

19:00

夜エッセン

(夕食)

1日のうち最もボリュームのあるエッセンです。

練習で疲れ切った部員にとって最高のひとときです。

19:20 ミーティング このミーティングでは、天気図から翌日の風の予報もします。
21:00

下艇庫片付け

フリータイム

洗って整備した艇を下艇庫にしまいます。

これで1日はお終いです。

コンビニに行ったり、陸で1艇だけ出して海上動作の練習をしたり、各々自由に過ごします。

23:00 消灯