ヨット部紹介


大阪大学ヨット部について

  大阪大学体育会ヨット部は昭和 9 年(1934)に創部しました。「全日本学生ヨット選手権(インカレ)優勝」を目標とし「人材育成・人間的成長」を目的に掲げて活動を行っております。>

 

  ヨット部員の9割が、ヨット競技未経験者です。ヨットは、大海原を舞台にレース方式で競技を行います。メンタル、フィジカル、情報分析、気象学などを総合したスポーツで、大学から始めてトップを目指せる競技です。平成 26 年(2014)には、スナイプ級で全日本インカレ10位(国公立1位)を成し遂げています。

 

  ヨットは、セーリングとも呼ばれ、欧米をはじめとしてポピュラー競技で、オリンピックでも歴史ある種目の一つです。

 

  大阪大学体育会ヨット部には、セーリング競技を始めるには十分な環境が整っています。週末を中心に、新西宮ヨットハーバーに建設された、専用艇庫にて合宿を行います。競技艇18艇を所有しています。日本セーリング連盟 公認コーチが指導を行っています。また、OBOG会組織の手厚いバックアップがあり、競技だけではなく就職活動においてもアドバイスがなされ、卒業後も幅広いネットワークでつながっています。

 

  また、2017年からは、海外のヨット部と定期戦が計画されており、ヨットを通じた国際交流も進められています。 「ヨット競技を通じて、日本の次世代のリーダーを育てる」大阪大学体育会ヨット部の目指すところです。

部長挨拶

大阪大学体育会ヨット部長 梅田直哉

(大阪大学大学院工学研究科教授・全日本学生ヨット連盟副会長)

 大阪大学は筆記試験という極めて公平な手段で学力優秀な学生を選抜しています。そして選ばれた学生諸君は4年間の大学の正課教育のもとでその学力を専門分野で伸ばしていきます。しかしながら社会が大阪大学卒業生に期待するところは学力の高さのみではありません。特に今、チームをまとめて目標を達成するプロジェクトリーダーの資質が重要視されています。この資質を取得するためには、正課に加えて効果的な課外活動に参加することが近道といわれます。大阪大学体育会ヨット部はそれにふさわしい課外活動の場のひとつです。ヨット競技に勝利するという共通の目標を達成するため、プロジェクトの推進をすべての部員がそれぞれの立場で考え抜き実行しています。

 

 ヨット競技は、風の力だけで海を渡るという人類が太古から利用してきた技術を今に伝えるもので、大航海時代などを経て地球規模で発展してきた海洋国家ではステータスの高いスポーツです。風を読んで大海原で艇を帆走させるとき、エンジンの振動も電子機器のノイズもなく、コロンブスやキャプテン・クックと我々の間に変わるところはありません。人間と自然が直接対峙します。そこで人間の資質が直接的に試されます。

 

 ヨット競技は世界に通用するスポーツです。大学の使用する国際470級という艇種はオリンピックにも採用されていますし、来る東京オリンピックに向けて学生間の国内レース中も英語が使用されます。ヨット部のOB・OGの多くは卒業後もヨットを趣味として楽しんでいます。卒業後プロジェクトリーダーとしてビジネスの世界で活躍するとき、海外のやはりヨットを嗜むビジネスリーダーと仕事の場で競うこともあるでしょう。その合間のコーヒーブレークでは海や風のはなしで打ち解けて相手の信頼を得てください。そうした、世界に通用するプロジェクトリーダーを少しでも増やしたい、これが大阪大学体育会ヨット部の究極の目標です。

監督挨拶

大阪大学体育会ヨット部監督 山本 正

 

 摩耶帆友会、選手の保護者、大学関係者の皆様には日頃から阪大ヨット部に多大なご支援をいただき大変感謝しております。

 

 阪大ヨット部では部則(2017年制定)で部のミッションを以下のように定義しております。

「本部の活動目的はヨット競技を通じてスポーツマンシップ、チームマネージメント力を修得し、グローバルに活躍できる人材を育成することである。」

 

 我々はヨット競技で勝つことを目標に活動しています。しかしながら試合で勝つことは、この部の目的(=ミッション)ではありません。もちろん全日本インカレに出場して上位入賞したい。しかし、もっと大切なのはそこに至るまでのプロセスです。自分たちに足りないものは何か、もっと強くなるためにどんな練習をすべきなのか、自分たちがやるべきことをスケジューリングし目指すレベルにどうやって到達していくのか、またそのための資金をどうやって調達するのか、といったことを真剣に考え取り組んでいく事によって、人間的に成長する事の方が重要です。これこそが、阪大ヨット部の目的(=ミッション)です。

 

 また、ミッションに加えて、10ヶ年計画を次のように定めました。

「目標(2026年までに) 全日本インカレ総合 国公立大学1位、七大戦優勝」

 

 この目標は現役部員だけでなく、コーチングスタッフ、OB会の三者が共有するものとして設定しております。まさにオール阪大ヨット部が一体となって取り組む目標です。

 

 監督3年目となる今年(2019年)のキーになるのは470クラスです。今年は全日本インカレが地元西宮で開催され、出場枠が各クラス4枠に広がります。地元開催のチャンスを活かし、悲願となる全日本インカレ両クラス出場を目指します。さらに、スナイプクラスについては、昨年果たせなかった全日本インカレ10位を今年こそは達成したいと考えています。

 

 近年、大学ヨット界では国公立大学、特に七大学の躍進が目立ちます。昨年の全日本インカレでは九州大学が2年連続となる総合入賞、京都大学はスナイプクラスで準優勝となりました。その他にもスナイプクラス出場24大学のうち半数以上となる13大学が国立大学であるなど全日本インカレにおける国立大学の存在感は大きくなっています。大阪大学は七大学の一員として他の国立大に負けないよう頑張っていきたいと思っています。

 

 ご存知の通り、阪大ヨット部はその部員のほとんどが大学からヨット競技を始めた者たちです。ヨットの素人が4年間で全国大会に出場し上位に入るというのは並大抵の事ではありません。しかしながら、風に恵まれた西宮の海、安心のレスキュー体制、OB・OG会や大学の充実した支援等、ヨットをするのに申し分ない環境の中で真剣に活動する事で、部員たちは見違えるような成長を見せてくれます。

 

 セレクションで選手を集める私学との実力差があることは事実ですが、国立大学という環境の中で懸命に練習し、「トップフィニッシュ」と「優勝」を夢見る若者たちを支援し、共に頑張って行きたいと思っています。

 

 皆様のご期待に応えられるよう、部員・スタッフ一丸となって取り組みますので、引き続きご支援の程よろしくお願いします。今後、益々活動の幅を広げる阪大ヨット部に是非ご期待ください。

 

主将挨拶

 この度、大阪大学体育会ヨット部第86代主将を務めさせていただく事となりました文学部人文学科日本語学専修の木田皓一朗です。

 

 OBOGの皆様、未来基金に寄付をしていただいた皆様、大学関係者の皆様、部員の保護者の皆様、そして大阪大学体育会ヨット部に関わるすべての皆様方、日頃から多大なるご支援・ご声援、心より感謝申し上げます。

 

 昨年度、スナイプ級は二年連続の全日本インカレ出場となりました。結果としては12位となり、10位という目標達成はなりませんでした。最終日の前日までは10位に位置していたこともあり、大変悔しい結果ではありますが、最後に甘さが出たと思い、これが今のチームの実力であったと真摯に受け止めるべきだと考えております。

今年度の部の目標ですが、470級は七大戦3位・関西インカレ4位、スナイプ級は七大戦2位・関西インカレ2位で両クラス全日本インカレに出場することです。この目標を達成するために、海上での練習はもちろん、陸・艇庫での生活、部活のない平日の学生生活をも、昨年度以前のあり方を見直し、「全日本にいくべきチーム」を作っていきます。

 私が入部した頃の阪大ヨット部は、人数の少なかった時代からの立て直し期でした。すなわちそれは部の基盤づくりの時期であり、470チームの復活や部則の制定、マネジメントスタッフチームの設定などを経て、現在、両クラス全日本インカレを目指せる環境になりました。阪大ヨット部の再出発の第一段階は終えつつあり、「全日本に行くべきチーム」として、部の内部の充実を目指す時期が始まったと私は考えています。そこでこの1年、私が大切にしたいと考えていることが、「コミュニケーション」です。上回生・下級生、470・スナイプ・マネジメントスタッフ関係なく、自分の意見を考え、発し、聞くことでチームとしての「質」を挙げることを目指して参ります。

 

 また、昨年度も多くの退部者を出し、現在の阪大ヨット部における最も深刻な問題のひとつであるといえます。これについても「コミュニケーション」を通じて、部の問題、部員個人の問題にいち早く気付き、また部員間の結びつきと「ヨット部愛」を強めて、この一年間で「誰も辞めない部」を作っていくことを目指していきます。

 

 引き続きご支援ご声援のほど、よろしくお願いいたします。

 

 第86代大阪大学体育会ヨット部主将 木田皓一朗